原酒造、出荷量限定の純米酒を販売

年に1度150本限定

原酒造株式会社(柏崎市、原吉隆代表取締役)は、年に1度150本限定で出荷している純米酒「越の誉 白麹純米酒 サークス 生酒」の販売を開始した。火入れを一切していない生酒で、年に1回タンク1本だけ仕込むという。720mlで、価格は1286円(税抜)。

通常、日本酒の仕込みには黄麹菌を使用するが、この生酒では、噛むとまるでレモンのような酸味を感じる白麹を使用(白麹の生成したクエン酸のため酸味を感じる)。これにより、酸味が高く酒質のしっかりとした爽やかな日本酒に下がっている。また、この酸味にあう酵母を選定し使用。フルーツ系リンゴのような吟醸香と、サッパリとした酸味が相まって、肉料理などと相性が良く、食中酒としても楽しめる。

販売ページ

純米酒「越の誉 白麹純米酒 サークス 生酒」