高級食パン店「銀座に志かわ」が30日、新潟市に初出店


「銀座に志かわ 新潟河渡店」店舗イメージ(報道資料による)

30日、新潟市東区に、「銀座に志かわ 新潟河渡店」がオープンする。

「銀座に志かわ」は、2018年9月に銀座でのオープン以来、1年8ヵ月で国内60店舗超を展開してきた、行列のできる高級食パン店。独自に開発したアルカリイオン水を使った仕込みと、カナダ産高級小麦粉、バター、生クリーム、練乳、はちみつなど厳選した素材の組み合わせで、絹のようにやわらかい、ほんのりとした甘みのある、耳も絶品の食パン実現。毎日店舗で焼き上げた手作りを提供し、人気を博している。

きんぴらごぼう、イカの塩辛、柚子胡椒などの和総菜とも相性が良い。トーストすると、さらに甘みが引き立つ。(2019年12月、長岡店開店の際のメディア向けの説明会で撮影)

新潟県での出店は、2019年12月の長岡店(長岡市七日町)出店に続く2店舗目。長岡店は、同じく高級食パン店である「乃が美」や「HARE/PAN」との競合を避ける形での出店であったが、2店舗目で初の新潟市への出店となった。

「銀座に志かわ」で販売されるのは、1本2斤の「水にこだわる高級食パン」1種類のみで、価格は800円(税抜)。新潟河渡店の住所は、新潟市東区河渡庚239-4(原信マーケットシティ河渡内)。30日オープンだが、20日12時より電話025-250-7752にて、事前予約を受付ける。営業時間は10時から19時だが、売り切れ次第終了。定休日は不定となる。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから