新潟市が特別定額給付金 郵政申請書の発送を開始


中原弥一市長。右手に写っているにが発想に使う黄色の封筒

新潟市は22日、特別定額給付金 郵政申請書の出発式を、申請書の印刷を行った株式会社第一印刷所(本社工場)で行い、第1便の郵政申請書17万通がトラックに載せられ、発送されていった。

出発式で挨拶した中原八一市長は、「特別定額給付金は新型コロナウイルスによって大きな影響を受ける家庭への支援を行うため、新潟市としてもできるだけ早くお届けしたいと考え、準備をしてきたが、関係者の皆様のご協力によって、当初のスケジュールより1週間短縮することができた。心より感謝申し上げる」と語っていた。さらに、「今回の特別定額給付金に関連した詐欺が全国で発生している。新潟市では、黄色の封筒が届くので、お間違えないようお願いしたい。また新潟市を装った怪しい電話などにもご注意していただきた」と述べていた。

22日に第1便、25日に第2便を発送し5月中に新潟市内34万世帯すべてに申請書が届き、30日に給付を開始する予定。なお申請受付から振込みまでに2週間ほどかかるという(受付開始当初は3週間程度かかる場合もある)。

なお各地でオンライン申請の不具合が発生しているが、新潟市でもオンライン申請の受付を行っている。ただ、「オンライン申請を考えている方もいると思うが、郵送申請のほうが早く支給できる可能性が高いと考えている。市民の皆様には郵便での申請をお願いしたい」(中原市長)という。

(上写真2枚)第一便が発送されていたた



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから