新潟市「Befcoばかうけ展望室」が5月31日に営業再開


スカイラウンジPANORAMA

ホテル日航新潟(新潟市中央区)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館をしていた「Befcoばかうけ展望室ホテル31階)」と、パノラマラウンジの営業を5月31日に再開する。ただ、当面の間、下記のとおり、営業時間を短縮する。

営業再開記念として、31日の来館者に、豊作・疫病などに関する予言をしたとされ、その姿を絵に描いて流布すると疫病がやむという伝説が残されている「アマビエ」がプリントされたせんべいを先着で贈呈。また子ども限定で先着にて別途プレゼントを用意している。

なお新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、発熱などの自覚症状がある人は来館できない。また来館に際しマスクの着用をお願いするほか、展望室専用エレベーターの定員数を制限する。加えてエレベーター内の消毒を30分ごとに行うという。

Befcoばかうけ展望室は、地上約125mに位置する。新潟市街地はもちろん、日本海、佐渡島、五頭連峰などの景色を一望でき、日本夜景遺産にも登録され、重要文化財でもある萬代橋のライトアップや、日本海に沈む夕日、日本海に灯る漁火など鑑賞することができる。

Befcoばかうけ展望室から見た新潟市街。下から二番目に見える橋が萬代橋

Befcoばかうけ展望室から見た日本海の夕日



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから