八海山ロープウェー(新潟県南魚沼市)グリーンシーズン観光営業が23日に再開


夏の八海山ロープウェーと魚沼平野

株式会社プリンスホテルが運営する六日町八海山スキー場(新潟県南魚沼市)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため休止していた八海山ロープウェーのグリーンシーズン観光営業を23日から開始する。

八海山ロープウェーは、越後三山の一つである霊峰八海山(海抜1,778メートル)の西側斜面に位置している、六日町八海山スキー場内の全長2,217メートル、81人乗りのロープウェー。ロープウェー山頂駅の標高は1,147メートルで、麓に比べて気温が5度ほど低く、真夏でも避暑地気分を満喫することができるという。

展望台からは、周囲360度の大パノラマが広がり、魚沼平野や魚沼盆地・上信越国境の山々、快晴時には日本海や佐渡島も一望できる。

なおロープウェーは、乗車人員を40名に減らして運行を行うほか、従業員によるロープウェー内の拭き上げ消毒や換気を実施する。

https://www.princehotels.co.jp/amuse/hakkaisan/

展望台からの佐渡島



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから