佐渡汽船が2020年12月期第2四半期決算(連結)、新型コロナの影響などで売上高減


佐渡汽船

佐渡汽船株式会社(新潟県佐渡市)は12日、2020年12月期第2四半期決算(連結)を発表した。売上高29億9,636万円(前年同期比△41.0%)、営業利益△17億1,321万円(前年同期は△6億2,337万円)、経常利益△17億4,659万円(前年同期は△6億7,705万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益△17億4,149万円(前年同期は△6億7,779万円)となった。

新型コロナウイルス感染症拡大による4月7日以降の緊急事態宣言発令を機に、観光客の予約キャンセルおよび佐渡市民とビジネス客の移動自粛が発生し、例年利用客が増加していたゴールデンウィーク期間中でも利用者が少なかった。また、例年5月から7月の間に実施される新潟県内の小学校の修学旅行も8月以降に延期となったことも響いた。

セグメントごとの経営成績は、以下のとおり。なお、同社グループの売上高は事業の性質上、第3四半期に著しく増加する傾向にあり、季節的変動が顕著という。

【海運】

第2四半期連結累計期間の旅客輸送人員は27万1,386人(前年同期比△57.7%)、自動車航送台数は乗用車換算で6万8,988台(同△29.7%減)、貨物輸送トン数は6万6,330トン(同△6.1%減)となった。以上の結果、売上高は19億8,906万5,000円(同△42.4%減)、営業損失は15億18万6,000(前年同期は△6億939万9,000円)となった。

【一般自動車運送】

売上高は6億6,635万円2,000円(前年同期比△11.1%)、営業損失は1,327万7,000円(前年同期は△473万円)となった。

【売店・飲食】

売上高は2億135万9,000円(前年同期比△57.1%)、営業利益は△9,751万5,000円(前年同期は△1,617万3,000円)となった。

【観光】

売上高は5,419万8,000円(前年同期比△80.2%)、営業利益は△1億92万2,000(前年同期は△2,192万7,000円)となった。

【不動産賃貸】

売上高は4,294万3,000円(前年同期比△20.7%)、営業利益は△1,150万8,000円(前年同期は△1,045万4,000円)となった。

【その他】

売上高は4,244万8,000円(前年同期比△41.5%)、営業利益は175万円(前年同期は423万円)となった。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから