ヴァーユワインズが(公財)日本スカッシュ協会公認のコートをオープン

一般客が利用可能な協会公認のコートは県内初

不動産・建築を手がけるヴァーユワインズ(長岡市、林宏代表取締役)はこのほど、本社屋内にカフェ「カフェボール」を併設した(公財)日本スカッシュ協会公認のコート「Enjoy Squash!(エンジョイ スカッシュ)」をオープンした。一般客が利用可能な協会公認のコートは新潟県内では初という。

スカッシュは室内スポーツであることから、天候に左右されずにオールシーズンー楽しむことができ、冬季間スポーツを楽しむことが難しい新潟県に適したスポーツの一つといえる。

林社長は26年前の大学生時代、ハワイに留学。その時にスカッシュに出会ったという。その時からの26年越しの夢を実現し、コートをオープンした。グループ会社で建築事業を行っている強みを生かし自社で設計。使用者から「ここまで正確な寸法のコートは珍しい」との評価を得ているそうだ。

利用料金は、レンタルコート(定員4名)が2000円/時間。5名以上の場合は1名につきプラス500円。貸シューズ500円。ラケットやボールは無料で貸し出す。また会員登録は不要。予約も可能だが、いきなり立ち寄って利用することもできる。未経験者に対し、協会公認スカッシュトレーナーである林社長が、ラケットの持ち方やルールを教えることもできるという。営業時間は月~金が10時から19時、土日祝が10時から17時。

http://www.cafeballz.com/