釣り場として人気抜群の直江津港

人気の秘訣は地元飲食店との連携

写真はイメージです

新潟県では県内の一部の港を釣り場として開放しているが、人気面で明暗が大きく分かれている。

柏崎港(3~11月、1日800円)は平成26年に開放され、昨年の利用者は7525人(うち県外から3835人、51%)あった。だが、採算面から昨年末に閉鎖に追い込まれた。

一方、最も遅い平成28年7月に開放となった直江津港(3~11月、1日800円)だが、昨年の利用者は2万2374人(うち県外1万6073人、72%)と開放されている3港の中で最も多くの利用者を集めた。人気の背景には、長野県などからのアクセスのよさがある。じっさい県外の利用者の割合は72%とずば抜けて高くなっている。加えて、港の程近くにある直江津の飲食店に、釣った魚を持ち込んで、美味しい料理に調理してもらえることも人気の理由のようだ。

なお最も早い平成23年6月に開放となった新潟東港(3~12月、1日800円)では、昨年の利用者が1万7621人(うち県外5766人、33%)と直江津港の後塵を拝したが、今年は7月末までの実績で直江津港を上回っている。

新潟東港、柏崎港、直江津港の釣利用者の推移

直江津港では、釣った魚を持ち込んで、調理してもらえる。これも人気の理由