テレワーク時代の最新ファイルサーバ


(株)にいがた三昧(新潟市)が初期投資を大きく抑えることができるホームページ制作サービスを開始

スクスク育つホームページ「サブスクWeb」

「ホームページを刷新したいが料金が高い」「ホームページを随時更新して、もっと営業やPRにつなげていきたい」。株式会社にいがた三昧(新潟市西区)では、こんな悩みに対応した新たなホームページ制作サービスを始めた。

サービス名は、スクスク育つホームページ「サブスクWeb」(商標登録出願中)。

プランは4プランあり、「ライトプラン」(トップページ+5ページ)、「ライト+プラン」(トップページ+8ページ)、「スタンダードプラン」(トップページ+15ページ)の初期費用は5万円。また、「DXプラン」(トップページ+30ページ)でも初期費用は10万円で、初期費用を安価に抑えることができるのが特徴だ。また4プランともブログ機能、お問い合わせフォームがついているほか、SSL証明書を標準装備し、データバックアップサービスもついている。

月々の料金は2万8,000円から6万円の定額料金。ここにはレンタルサーバー料金などが含まれているほか、ページの更新などをいつでも依頼することが可能だ(ただし新たにページを制作したり撮影を依頼したりする場合は別途料金がかかる)。また時流に合わせて2年後にデザインのマイナーチェンジ、4年後にフルリニューアルを行うという。

また、スタンダードプラン、DXプランは2ヶ月に1度ビデオ通話によるミーティングを行い、様々なアドバイスも行うそうだ。「操作などもサポートに加え、『サイト内に自社の制作実績を入れましょう』とアドバイスしたり、『この検索ワードで1ページ目に表示されるように目指しましょう』など、毎回様々な施策を提案しています」(五十嵐敦代表取締役)と話す。ちなみにグーグルで「新潟 ホームページ制作」と検索すると、にいがた三昧の検索順位は昨年まで低かったものの、今年に入り1位とになり、問い合わせは2倍以上に増えたという。

打ち合わせ風景

システムは、にいがた三昧が昨年パートナー企業(代理店)となったアップルップル(名古屋市)の「a-blog CMS」を使っていて、簡単な操作で自社でも気軽に更新することができる。

アップルップルのパンフレットによると、a-blog CMSはパソコン・スマホ・タブレットなど閲覧する端末に合わせて最適化して表示するほか、会員ユーザーだけが閲覧できるコンテンツを作成できる。またセキュリティ攻撃の脅威からサイトを守るコアプログラムは暗号化されていて安全性も高いという。これまでに3,700件以上の導入実績がある。

「ホームページは『作って終わり』ではなく、常にユーザーの求める情報や見やすさ、使いやすさに対応していくため、『育てていくこと』が必要です。初期投資型のホームページは一度にまとまった金額が必要で、かつ完成したら終わりになってしまうことが多く、ホームページを効果的に活用することが難しい状況でした。こうした中、初期投資を安く抑え、お客様にもっとWebを活用し成果につなげていただきたいという思いで新サービスを立ち上げました」。五十嵐代表はこう話す。

料金は同社サイトで確認できる。
https://www.zanmai.info/service/monthly.html

一方、現在、補助金の活用で初期投資を安価に抑えることができるが、今年12月に各種補助金は終了する。その後、にいがた三昧では、新サービスのニーズが増加していくのではないかと期待しており、来年50社、5年後に500社と契約し3億円の売上高を目指す。

にいがた三昧は2007年の設立。Webサイトの企画・制作・運営、ホスティングサービス、デザインの企画・制作、web広告運用、SEO対策などを手がけ、2019年売上高は8,000万円。

◎株式会社にいがた三昧

住所 新潟市西区平島3—7—6第二中山ビル1階
電話 025—233—3383
https://www.zanmai.info/

五十嵐敦代表取締役



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も