新潟県燕市、新発田市、五泉市で計3名の新型コロナウイルス感染症患者


新潟県は31日、燕市、新発田市、五泉市で計3名の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたと発表した。県内910から912例目となる。

910例目は燕市の80歳代男性(無職)。29日に全身倦怠感のため医療機関を受診し検体を採取。30日、PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、咳がある。なお県内670例目(今月10日に判明した燕市の80歳代女性無職)の濃厚接触者(同居家族)となる。また介護サービスは利用していないという。

911例目は新発田市の90歳代女性(無職)。29日に高齢者施設関連の濃厚接触者(感染者が発生している高齢者施設「陽だまり苑」の利用者)として検体を採取。30日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在、症状はない。なお、この施設の感染者数はこれで17人となる(検査人数は約370人)。

912例目は五泉市の80歳代女性(無職)。29日に県内894例目(今月28日に判明した五泉市の20歳代女性会社員)の濃厚接触者(同居家族)として検体を採取。30日、PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、症状はない。また介護サービスは利用していないという。

なお3人とも濃厚接触者については調査中。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も