越後薬草はアルビレックス新潟のオフィシャルパートナーです


新型コロナウイルス感染拡大を受けて休業していた新潟県燕市の小池保育園が3月1日から再開

新潟県燕市は19日、園内で新型コロナウイルスの感染が拡大し休業していた小池保育園を3月1日から再開する予定であることを発表した。2週間の経過観察ののち、再度PCR検査で陰性が確認された園児が対象となる。

関係者の感染を受けて臨時休業している2つの小学校に関しても、再度PCR検査を実施し陰性を確認したのち、保健所の助言に従って再開する。燕東小学校は2月24日から、小池小学校は3月1日から再開の予定。加えて、東児童クラブ、および杉名児童クラブについても、学校の再開に併せて開館するという。

なお、19日には新たに燕市の乳幼児が新型コロナウイルスに感染したことが県から発表されたが、上記保育園の園児ではなく、また感染経路に関しても関わりがないと考えられている。

 

【関連記事】
新潟県燕市の鈴木力市長が新型コロナウイルス感染症(変異株)感染判明を受けてメッセージを発表(2021年2月18日)

燕東小学校(新潟県燕市)関係者の濃厚接触者は全員陰性(2021年2月15日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も