新潟県燕市のふるさと納税寄付額が過去最高に、50億円超え県内1位に返り咲けるか


燕市ほふるさと納税返礼品、金属加工品のほかにヤクルトスワローズに関連するグッズも

新潟県燕市のふるさと納税の2022年度寄付額が、過去最高となる見込みであることが27日に分かった。同市のこれまでの最高額は、2020年度の約49億円で当時県内1位だった。

27日の定例記者会見で、燕市の鈴木力市長が言及した。詳細な金額については、30日の臨時会で公表するというが、50億円は超えると予想される。

燕市は地場産業の特徴を色濃く反映した返礼品で人気を集め、2020年度まで県内1位の寄付額を誇っていたが、2021年度は、いわゆる「巣篭もり需要」の反動減などの影響から寄付額は減少に転じ、県内2位に陥落していた(2021年度の1位は南魚沼市)。

2022年度は、4月から12月の時点で過去最高額を超えており、また寄付件数でも最多となっているという。

新潟県燕市の鈴木力市長

一方で、2022年8月に開設した市直営サイト「つばふる」の利用は、寄付額で約600万円、利用件数で200件ほどにとどまった。直営サイトは、市にとって掲載手数料や掲載の自由度の面でメリットがあるが、利用者側からは利便性や認知度で課題がある。鈴木市長は「つばふるから入っても、買う際にはポイントが貯まるポータルサイトに流れることが多く、寄付金額で占める割合は微々たるもの。しかし、今回過去最高となった理由の一つとして、情報発信を強化したことがある」と話す。

市では昨年、広告やSNS戦略を強化し、市の返礼品に特化した情報を掲示できるつばふるへ誘導してきた。最終的にはポータルサイトへ流れても、市独自の豊富な返礼品情報に接触させやすいため、以前よりも寄付に繋がりやすい。「誘導は、集まった金額以上に効果が出ていると思う」(鈴木市長)。

また、となりの三条市でもふるさと納税を強化していることについては「隣がやれば、我々の刺激にもなる。切磋琢磨すればいい」と語った。

 

【関連リンク】
燕市 ふるさと納税の直営サイト「つばふる」

 

【関連記事】
【新潟県燕市】高校生による地域活動が総務省から表彰、鈴木力市長「教室では学べないこと体験できる」(2023年1月27日)

ふるさと納税とものづくりの街・新潟燕三条 燕市編「寄付額県内2位に下落、リピーターを狙いにくい工業製品と次の一手」(2022年9月6日)

 

 

 


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓