新潟県魚沼市、新発田市、長岡市、村上市で計11人の新型コロナウイルス新規感染者を確認

  • 3か月前
  • 社会

感染症対策・薬務課の星名秋彦課長

新潟県は26日15時30分、魚沼市、新発田市、長岡市、村上市で県内2180例目から2200例目となる(新潟市発表分を除く)新型コロナウイルス感染症患者が計11人確認されたと発表した。26日の新規感染患者は、新潟市発表分と合計で15人となる。

新規感染者11人の内訳は、魚沼市で7人、新発田市で2人、長岡市と村上市で1人ずつ。魚沼市の感染患者は、これまでに陽性者が発生している医療期間関連の接触者で、現時点で感染経路が不明の患者は新発田市の2人。また、全員が軽症、もしくは無症状。

 

新発田市の2人は感染経路が現状不明

2180例目は新発田市在住で医療機関職員の50歳代女性。18日に発熱、19日に倦怠感と関節痛の症状が現れたため医療機関を受診し抗原検査を実施したが、陰性と判定された。25日に症状が継続していたため再度検査を行った結果、陽性となった。現在も発熱や咳、痰などの症状が継続している。

2199例目は新発田市在住で無職の30歳代女性。25日に入院先の医療機関にて抗原検査をした結果陽性となった。現在も発熱の症状がある。

 

長岡、村上の患者について

2189例目は長岡市在住で会社員の40歳代男性。24日に県から発表された2183例目の接触者としてPCR検査を実施して陽性が判明した。現在は発熱や関節痛、嘔気の症状がある。

2195例目は村上市在住で公務員(県の職員ではない)の50歳代女性。22日に発熱し、23日に医療機関を受診。24日に県内2125例目の接触者としてPCR検査を実施して陽性と判定された。現在は発熱、鼻汁、倦怠感の症状がある。

 

魚沼市では医療機関で集団感染が発生

2188例目から2194例目、2200例目は全員同じ医療機関関連の接触者で、60歳代から90歳代の男女。23日から25日までの機関に既存患者の接触者としてPCR検査を行い、陽性が判明した。同医療機関での感染者数は、本日の発表分を含み10人となった。

 

【関連記事 新潟市の本日の発表】
新潟市中央区、西区、西蒲区で新たに計4人の新型コロナウイルス感染患者を確認(2021年4月26日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も