「新潟限定ビイル 風味爽快ニシテ」アルビレックス新潟缶が3月にお目見え

サッポロビールのホームページによると、「新潟限定ビイル 風味爽快ニシテ」のアルビレックス新潟缶が、サッカー2017J1リーグにおけるアルビレックス新潟ホーム開幕戦に合わせ、3月上旬頃に新潟県内で数量限定発売となる。

価格はオープン価格。6000ケース(350ml缶×24本換算)の販売を計画している。また、今回も選手育成・強化に役立ててもらうため、売上げ1缶につき1円を同チームに寄付する。

 

パッケージデザインは、アルビレックス新潟のホームスタジアムであるデンカビッグスワンスタジアムを背景にした、アルビレックス新潟のロゴと「俺たちの誇り新潟!2017」のメッセージをあしらい、缶の側面に新潟県の食文化や自然を応援する「うまさぎっしり新潟」マークを配した。

 

新潟限定ビイル 風味爽快ニシテは、サッポロビールの育ての親である札幌麦酒会社設立者・大倉喜八郎氏や、サッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所の初代醸造技士・中川清兵衛を輩出した新潟県への地域貢献を目的に、2009年に販売が開始された。「新潟でしか出会えない♪ 新潟でしか味わえない♪」のCMと同様、新潟ではすっかりお馴染みとなっている。

 

(関連記事)

新潟限定の商品が7日、相次いで登場(2016年6月7日)

 

水辺空間を活用した賑わいづくりの取り組みが相次いで始動(2016年6月15日)