新潟県、大規模接種センターの開設を検討

  • 3か月前
  • 社会

新潟県福祉保健部の松本晴樹部長は17日、記者会見の中で、新潟県でも、新型コロナワクチンの接種を行う大規模接種センターの設置について、開設の検討を進めていくことを明らかにした。大規模接種センターのメリットとしては「モデルナワクチン」の存在を挙げていた。また、課題については、「洗い出しはこれから」とした上で、「予約システム、医師や看護師などの確保、会場、市町村との連携」の4点を挙げていた。

大規模接種会場については、国が全額予算措置をすることになっている。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も