【そこにドラマがあった】村上市×新潟デザイン専門学校 「小岩内の奇跡」後世に 絵本制作に関する協定を締結(提供 村上新聞)


協定書を交わす高橋邦芳市長(左)と畑野裕美副学長

水害の怖さや教訓考える機会に

村上市と国際総合学園 新潟デザイン専門学校は先月31日村上市役所で、2022年8月の水害を風化させないために「絵本制作に関する協定締結式」を行った。この協定は、同水害において村上市内で甚大な被害を被ったにもかかわらず1人の人命を失うことなく避難が行われたこと、特に小岩内集落では、一旦は公会堂へ避難したものの、55年前の羽越水害で被害を受けた経験から、高台の住宅へ再避難を決断。その2時間後、公会堂は大量の土石流に飲み込まれたという現実を絵本にして後世に継承しようというもの。

当日は高橋邦芳市長と同専門学校の畑野裕美副校長が出席。それぞれが絵本制作に対する思いを述べた後、協定書を交換し締
結式を終えた。

今後の予定は2月から3月にかけて、小岩内集落の関係者と絵本を制作する学生との顔合わせを行い、被害に遭ったことや避
難状況などを聞き取り、3月下旬に絵本のイメージを作成。その後絵本の制作に掛かり、8月下旬に同校から絵本のデータを受領することになっている。

畑野副学長は「この絵本を通じて多くの人に水害についての怖さや教訓を考える機会になれば」と述べ、高橋市長は「小岩内の奇跡と言われているこの現実を絵本という形で後世に残すことは大変有意義なこと。絵本を多くの人に手に取って見ていただ
きたい」と話した。

 

 

【関連リンク】

村上新聞 Murakami News Online

 

【村上新聞 記事】

冬の七夕祭りに6千人 、獅子舞競演 物販80店(2024年2月4日)

村上市関口 貝沼農場 地域初「有機栽培米」レンジアップごはんを発売 JAS認証で安心、手軽で便利(2024年1月22日)

全国学校給食甲子園 佐藤美春栄養教諭(村上市山北) 食育授業コンテスト日本一に(2024年1月16日)


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓