【キシャメシ】話題の「タンタンメン」を新潟で、確かにこのスープは病みつきになるかも


友人は「これがニュータンタンメン」と言うのだが・・・新潟で食べられるのはうれしいが

三連休最終日ながら、広告代理店の友人と朝から打合せ。

昼に差し掛かるころ「あ、今日キシャメシだった」と思い出した。友人に「昼一緒に食べるなら、何が良い?」と向けると、紹介されたのが新潟市中央区西堀の「タンタンメンの店」。神奈川県の大学出身の彼は、かつて、川崎市、横浜市を中心に46店舗を展開する「元祖ニュータンタンメン本舗」を週4で食べていたという。

さっそく、新潟市中央区西堀に2023年12月にオープンした「中華タンタンメン金家 新潟古町店」にGO。古町では「新潟食の陣・当日座」が開催されにぎわっていたが、もう記者は完全に「タンタン腹」だった。

新潟市中央区西堀通に面した「中華タンタンメン金家」

同店は「元祖ニュータンタンメン本舗」とは関係がないが、こちらも同じように中国本土の担々麺や、日本で一般的な「ゴマだれとラー油の」担々麺とも全く違うものだという。

鶏ガラベースの塩味に粗びき唐辛子とニンニクを効かせたスープ、その上にたっぷりの溶き卵とひき肉といういで立ち、これが川崎発祥のニュータンタンメン、らしい(出典Wikipedia「元祖ニュータンタンメン本舗」)が、果たしてこちらの店はどうか。

実は記者も初めてなのだ、この系統のタンタンメン。

辛さは5段階、辛いのが好きな方は大辛以上がおすすめ

カウンターのみの小ぶりな店内。タンタンメン(税込900円)とニラトッピング(税込250円)をオーダー。辛さは「なし・ほんのり」「普通」「中辛」「大辛」「めちゃ辛」と5段階だが、ビギナーなので一番人気の中辛を。

ややあって着丼。ほうほう、ネットの写真で見たとおりのビジュアル。ニラがドバっと乗っていて良い感じ。その存在を知らない人は、中華屋で担々麵を頼んでこれが出てきたら戸惑うかも。

「タンタンメン」(900円)にニラをトッピング

まずはスープからひとくち。あ、うま!。一般的な担々麺と違いゴマのまろやかさや甘みは皆無(まあ、入ってないからね)。一方で鶏ガラの、澄み渡っただし感とピリ辛、にんにくのパンチは、味にキレがあってとても良いバランス。中辛ならスープの風味ををちゃんと楽しめる。

辛いのが好きな人は大辛以上がおすすめだ。麺はもちもちした中太。すっきりしたスープに合う。ふんわりかき玉とたっぷりのニラが、すっきり味のスープとマリアージュ。半分食べたところで、卓上の酢をどんぶりに一周。案の定、味変は成功。

中太のもちもち麺がキレのあるスープに合う

あっという間にどんぶりを平らげる。不思議な味だ。不思議というのは、ものすごくトガった個性的な味でないにもかかわらず、どこか中毒性がある。食べたばかりになのにもう食べたい。クセになる、この味。

食の地域性というのは、探求すると実に面白い。さてタンタンメンを食べ終わったし「新潟食の陣当日座」に繰り出そうか。

(編集部I)

 

【中華タンタンメン新潟古町店】

新潟市中央区西堀通8番町1575-1西銀ビル

営業時間 (火~金)11時~15時 17時~21時 (土日祝)11時~16時

定休日 月曜

<グーグルマップより>

 

【キシャメシ】は、にいがた経済新聞編集部のメンバーが、日々の取材活動の合間にいただく昼ご飯を日替わりで、真正面から他意を入れず、何モノにもとらわれず、お仕着せのグルメリポートに背を向け綴った、キシャの日常モノローグ。さて明日の担当キシャはどこで何を食べるのか、お楽しみに。

 

【前回のキシャメシ】

味も価格もリーズナブル! 豚ヒレカツのカレーライスは、とても美味しかった!(2024年2月10日)


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓