上越新幹線初、獲れたての新潟の海産物を新幹線物流で東京へ

6月に6日間実験として行われる

朝、佐渡で水揚げされた獲れたての甘エビを新幹線で運び、品川駅でその日のうちに購入する。そんな新しい物流の可能性を探る実験が、6月に6日間実施される。

JR東日本の子会社で、ベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップ株式会社(以下、JR東日本スタートアップ)と、水産物の卸・小売を手がける株式会社フーディソン(以下、フーディソン)が6月11日より6日間、新幹線物流を活用した鮮魚輸送の実証実験を行う。新幹線を利用した鮮魚の輸送は、上越新幹線では初めて。

実験では、お客様がショッピングサイト「ネットでエキナカ」で事前予約することなどで、佐渡沖で朝に水揚げされた生の甘エビや、三陸沿岸の塩水加工した生ウニを、品川駅構内の鮮魚店「sakana bacca エキュート品川店」で受け取ることができる。

新幹線物流とフーディソンのプラットフォームを組み合わせることで、鮮度落ちが早く、生で出荷することが難しい海産物を”獲れたて”のまま首都圏に届けることが可能になった。

JR東日本グループは、この実験を踏まえ、鉄道会社ならではの新たな流通サービスを実現していくとのこと。新潟の鮮魚の魅力が、新しいチャンネルから発信されるこの試みに期待したい。

【実験概要】
実験日/6月11日(火)、13日(木)、14日(金)、18日(火)、20日(木)、21日(金)。
内容/岩手県宮古市、新潟県佐渡市で獲れた海産物をバスやジェットフォイル、新幹線を使って東京都内に輸送。品川駅構内の鮮魚店で販売する。
海産物の購入方法/
1、「ネットでエキナカ」特設ページより予約(URL:https://www.net-ekinaka.com
※6月3日(月)告知開始 発売日前日より注文可能

2、sakana baccaエキュート品川店の店頭で受け取り(東京都 港区高輪3-26-27、営業時間:月~土 9:00~22:00、日祝9:00~20:30)。※朝に産地を出発した海産物はその日の16:00ごろ店舗に到着予定。

獲れたての甘エビ