佐渡汽船がフェリー限定のスパイスカレー

7日に販売開始で6日には無料試食会も開催される

佐渡汽船株式会社(新潟市中央区)は6日、佐渡島の新たな名物を創出するべく考案した「佐渡汽船カレー(=スパイスキーマカレー)」のお披露目会&無料試食会を開催した。午後0時から午後2時までの開催で、およそ100名の参加者がカレーを試食。参加者たちは、「辛いのが苦手だが、美味しい」「スパイスがきいていて本格的なカレーだ」などと感想を述べていた。なおカレーは「おけさ丸」「ときわ丸」のカーフェリー船内で、スナック限定メニューとして7日から販売される。

佐渡汽船カレーは、弊紙記事「佐渡汽船が、オリジナルのスパイスキーマカレーを考案」でも触れたとおり、同社が佐渡島の新たな名物を創出するべく、カレー・スパイス料理研究家である一条もんこ氏に監修を依頼し考案した。

一条もんこ氏

佐渡汽船カレー(=スパイスキーマカレー)