村上で新しいバドワイザーを〜アンハイザー・ブッシュ・インベブ日本法人GMが村上市内を視察【村上新聞】

ABI日本法人のロドリゴ・モンテイロ GM(右)が村上市内を視察(写真提供=山本剛氏)

世界一の販売量を誇るビール“バドワイザー”をはじめ、コロナ、ヒューガルデンといった銘柄を取り扱い、世界市場で3割のシェアを誇る「アンハイザー・ブッシュ・インベブ」(ABI)のロドリゴ・モンテイロ日本法人GMが先月21日、村上市を訪れ、市内飲食店を視察。全国に先駆けてバドワイザーの生ビールが楽しめる店舗や町の様子、良質な食材、職人の技などを堪能した。

ABIは、国内大手ビール会社との製造・販売ライセンス契約終了にともない、独自に販路構築をスタート。パートナーとなった国内業者5社のうち、村上市学校町の岡田酒店、岡田茂樹代表だけがサインを交わし、他地域に先んじて戦略的な取り組みを仕掛けている。

村上市内10店舗、シーンにあわせてバドワイザーの生ビールを

村上市内でバドワイザーの生ビールを取り扱うのは「旬の閃き 柳庵」「海鮮処 番屋」「パスタイム」「trattoria360」「Titto bakka」「UNDER」「民宿 藤三郎」「海の家 凪」「Highest」「IZAKAYA迅-JIN-」の10店舗。日本料理店、居酒屋、バーなど、様々なシーンで楽しむことができる。法人スタッフらとともに村上市を訪れたロドリゴGMは前述の5店舗を訪問。「村上の新鮮な食材を使った料理は、どれも素晴らしかった。バドワイザーが和食に合うビールとして広がるきっかけになれば」とし「1度飲んだら、これまでのイメージが180度変わるはず」と笑顔で話していた。

季節の食材に和食の技が冴え渡る「旬の閃き 柳庵」(写真提供=山本剛氏)

新鮮な魚介と抜群のロケーション「海鮮処 番屋」(写真提供=山本剛氏)

フード、ドリンク、イベントにオーナーのセンスが光る「パスタイム」(写真提供=山本剛氏)

居酒屋の枠には収まらない「IZAKAYA迅-JIN-」(写真提供=山本剛氏)

居心地のよいバー「Highest」(写真提供=山本剛氏)

新しいバドワイザーのバランスのよい飲み心地

現在、バドワイザーは世界各地の自社工場で製造。業界関係者の間でも「従来のどこか薄いようなビールから、すっきりとバランスの良い飲みやすさに変わった」と評価も高く、和食のプロフェッショナル、柳庵の齋藤芳憲社長も「ビールは和食の食中酒としては合わせにくいと思っていたが、バドワイザーはさらっとした飲み心地が主張しすぎず、料理との相性も抜群。鮮度を保ちやすいのも魅力なので、大事に提供していきたい」と自信を持って勧める。営業時間等の問い合わせは、各店舗へ。

旬の閃き 柳庵 TEL 0254-56-8833 https://www.sh-ryuan.com

海鮮処 番屋 TEL 0254-53-5352 http://kaisen-banya.com

パスタイム TEL 0254-62-7837 https://www.facebook.com/358pastime/

trattoria360 TEL 0254-62-7369 http://trattoria360.com

Titto bakka TEL 0254-75-5281 https://www.facebook.com/cafetittobakka/

UNDER https://under0254.amebaownd.com

民宿 藤三郎 TEL 0254-79-2208 http://www.iwafune.ne.jp/~sanpokusho/minsyuku/13tozaburo.html

Highest https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Bar/Bar-Highest-ハイエスト-1899184320408175/

村上新聞2019年8月4日号

村上新聞