「新潟けん玉部GATAKEN(ガタケン)」がけん玉パフォーマンスを披露

華麗なパフォーマンスを披露し人々を魅了

ワークショップ

新潟県に分散する、けん玉プレーヤーの交流の場を作り、新潟のけん玉シーンを盛り上げるために結成されたチーム「新潟けん玉部GATAKEN(ガタケン)」の長谷川哲朗代表は17日、燕市にある齋藤歯科医院の「夏まつり」に登場し、けん玉のパフォーマンス&ワークショップを行った。

GATAKENは、けん玉の魅力をより多くの人に伝えようと、イベントに出演してパフォーマンスを披露したり、ワークショップやけん玉教室を開催したりしている。
また、2018年大晦日の紅白歌合戦では「大皿」を決めるギネス記録に、けん玉ヒーローズ124人が挑戦したが、その一人として参加している。(124人が連続で「大皿」に載せるギネス記録に挑戦して見事に成功している)。

この日のパフォーマンスには、長谷川代表のほか、けん玉教室に通う“ジュニア”たちも登場し、パフォーマンスを披露し、人々を魅了していた。
その後、ワークショップを行い、子供や親たちに、けん玉の持ち方やキャッチの仕方などの基本テクニックを伝授していた。

なお8~9月のGATAKENの主な活動は以下の通りとなっている。

【8月】
15日、燕三条地場産センターお盆フェア
17日、齋藤歯科医院夏まつり
24日、夕涼み会(※関係者のみ)

【9月】
1日、GATAKENけん玉教室
14日公民館けん玉教室
15日、イオン青山店パフォーマンス
29日、超世代☆ガチフェス

GATAKENホームページ
http://niigatakendamateam.wixsite.com/gataken

パフォーマンス