ロボカップジャパンオープン2019ながおかが閉幕

レスキュー実機リーグで長岡技科大チームが3位に

プラント事故現場を似せたフィールドでバルブの締め作業をする長岡技科大発チーム『Nexis-R』のロボット

新潟県長岡市のアオーレ長岡を会場に開催されていたロボット技術の競技会「ロボカップジャパンオープン2019ながおか」が18日閉幕した。
災害現場を模したフィールドでロボットの有用性を競う「レスキュー」の実機リーグで、長岡技術科学大学の学生らが中心となったチーム「NexisーR(ネクシス・アール)」が3位に入賞した。

レスキューの実機リーグでは、トンネル崩落事故の現場をまねて、瓦礫の床の上を突き進んで車に刺さったパイプを取り除く競技と、プラント事故現場をモチーフにバルブを規定量締める競技で構成。
NexisーRを含めた4チームが決勝に進出して技を競った。

首位は京都大学のチーム「SHINOBI(しのび)」。同競技で3連覇となった。
次いで、東北大学のチーム「Quix(クイックス)」。
ただ、総合得点はSHINOBIが33・5点、Quixが32点、NexisーRが31・25点と僅差となった。
「今後、改良をますます加えて、より勝てるチームにしていきたい」とメンバーは今後に向けて意気込みを語っていた。

長岡でロボカップを開催するのは初めて。
競技を統括した岡田浩之ロボカップ日本委員会会長は、「これまでの開催地の中で、長岡は一番駅にもホテルにも飲食街にも近かった。事務局を務めた長岡市をはじめ、みなさんのおかげで強いホスピタリティを感じた」と締めくくった。

次回のロボカップジャパンオープンは、2020年3月20日から、愛知県常滑市のAichi Sky Expoで開かれる予定。

ロボカップジャパンオープンには、日本、中国、タイから59チームが参加した