新潟市の万代シテイで夏のフルーツキャンペーンが24、25日に開催

ぶどうの王様“巨峰”や夏果物の試食即売

巨峰

JA全農にいがたが事務局を務め、県内JAなどで組織する「にいがた園芸農産物宣伝会」と新潟市は8月24、25の両日、新潟市食と花の銘産品“巨峰”など夏果物の試食即売会を行う。場所は新潟市中央区の万代シテイ(24時間テレビチャリティブース内)。開催時間は24日が11時から18時、25日が10時から17時(販売状況によって終了時間が早まる場合があるという)。

巨峰(種あり・種なし)の食べ比べのほか、シャインマスカット、日本なし、もも、枝豆など旬の野菜と果物が並ぶ。
また、食べ歩きにピッタリな日本なしとぶどうのフルーツ盛合わせも販売される。

巨峰は、黒紫で美しく、大変食味に優れていることから“ぶどうの王様”と呼ばれている。このうち新潟市の巨峰は、信濃川が運ぶ肥沃な土壌で栽培され、大粒で上品な香りを合わせ持っており、同市が全国に誇る農水畜産物を指定する「食と花の銘産品」にも選ばれている。

新潟市ホームページ(食と花の銘産品“巨峰”紹介ページ)
http://www.city.niigata.lg.jp/business/shoku_hana/shokutohana/niigatanosyokutohana/syuruibetsu/fruit/kyohou.html

昨年の様子。懐かしのレインボータワーも見える

フルーツ盛り合わせ