柏崎刈羽原子力発電所で火災発生

新潟県の発表によると、10月18日16時4分頃、柏崎刈羽原子力発電所の大湊側補助ボイラー建屋の電源室内で火災が発生したとのことだ。県が東京電力から連絡を受けた。

東京電力は消防に通報するとともに、初期消火を行った。炎は消えているとのことだが、現場を柏崎市消防が確認中。

なお、県が実施している放射線モニタリングでは、異常な値は検出されていない。