彌彦神社で「弥彦菊まつり」が始まる

全国最大規模の菊花が展示される「弥彦菊まつり」が1日、彌彦神社で始まった。訪れた参拝客らは、美しく咲き誇る色とりどりの菊花を楽しんでいた。開催期間は24日まで。

毎年11月に開催される弥彦菊まつりは、御奉納の意のほか品評会を兼ねているため、県内外の愛好家による作品が数多く出品される。今年も神社の境内には、約4000鉢におよぶ作品が並んだ。

一本の幹から伸びる千輪近くの菊花を円形状に仕立てた「大菊の数咲き」をはじめ、「古典菊」や「盆栽」など、趣向を凝らした作品も展示されている。なかでも三万本の挿芽小菊による「大風景花壇」は圧巻。訪れた人々を魅了していた。