阿賀野市歴史民俗資料館(新潟県阿賀野市)が非公開の収蔵庫を特別公開


収蔵庫に保管されている輿

阿賀野市歴史民俗資料館(新潟県阿賀野市)は23日、普段は一般公開をしていない2階、3階の収蔵庫の特別公開が実施された。特別展は27日、28日にも実施される。

常設展示場では約1,000点の資料が展示されてるが、収蔵庫にはその3倍となる約3,000点の資料が保管されている。利用者から「非公開の資料を見たい」という要望があり、今回の特別公開となった。

収蔵庫の特別公開では、明治時代の太政官が出した木札や、時代劇に登場するような輿、実際に使われていた甲冑など、常設展示場では見ることができない資料を間近で見ることができる。

明治時代の太政官が出した木札(明治時代初期)

昔使われていた農機具類

阿賀野市歴史民俗資料館は4月17日に開館。統廃合によって使われなくなった旧市立山手小学校の教室を利用し、資料の展示収蔵を行っている資料館。主に阿賀野市内で出土したものや集められた資料が中心に展示されており、資料から地域の歴史や文化を知ることができる。

実施時間は、9時30分から16時30分まで。なお、通常の開館日は4月から11月の土曜、日曜、祝日。12月から3月は休館する。問い合わせ先は、阿賀野市役所民生部生涯学習課文化行政係(電話:0250-62-5322)

阿賀野市歴史民俗資料館

 

【グーグルマップ 新潟県阿賀野市歴史民俗資料館】

 

【関連記事】
阿賀野市歴史民俗資料館(新潟県)が今月17日に開館(2021年4月7日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も