市立吉田中学校(新潟県燕市)で生徒が死亡した事案に関し、第1回いじめ防止対策等専門委員会が開催


市教育委員会の山田公一教育長

新潟県燕市は25日、市立吉田中学校において9日に女子生徒が校内で死亡した事案に関し、第1回燕市いじめ防止対策等専門委員会(第三者委員会)を開催し、同事案の事実関係明確化のための調査や、今後の防止策などについて協議した。

今回開催された専門委員会では、教育委員会が行った教職員への聞き取りなどの初期調査の内容について、委員へ説明、および精査していったという。市教育委員会の山田公一教育長は「遺書に『いじめがあった』と書かれていたので、そのいじめがどのような状況だったのか明白にし、生徒が死に至ったまでの状況を明らかにしていきたい」と話す。

今後、教職員へのさらなる聞き取りや、死亡した生徒の当時の心情が把握できる記録などの提出を要望しつつ、第2回を12月16日に行い、詳細な調査内容や初期調査の範囲外の事項の検討を実施していく。年度内には取りまとめ、報告書の作成を目指す。

また、具体的な内容は第2回以降に検討されるが、再発防止の対策については「子どもたちが辛い気持ちを放出できる場所や人を増やして、子どもたちのわずかな変化も見逃さないような体制を、できるだけ早く実行していきたい」(山田教育長)という。

第1回燕市いじめ防止対策等専門委員会の様子

 

【関連記事】
市立吉田中学校(新潟県燕市)で女子生徒が死亡した事案について会見、自宅からはいじめに関する遺書(2021年11月10日)

市立吉田中学校(新潟県燕市)の敷地内で倒れている女子生徒が発見、病院で死亡を確認(2021年11月9日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も