サッポロビールが「風味爽快ニシテ 長岡開府400年記念缶」を発売

中川清兵衛の出身地・長岡の歴史的節目を記念

サッポロビール株式会社は来月1日、「風味爽快ニシテ 長岡開府400年記念缶」(350ml缶)の発売を始める。県内の限定販売で、数量も3000ケース限定(1ケース24本)。オールモルトのしっかりした旨味で、爽やかなのどごしという。パッケージは、長岡開府400年記念ポスターのデザインを踏襲、印象に残るデザインとした。価格はオープン価格。

1896年に、「開拓使麦酒醸造所」(現・サッポロビール)を創業した、初代醸造技師の中川清兵衛は旧与板町(現長岡市)の出身。同社にとって長岡市はゆかりのある地である。このため、初代長岡藩主・牧野忠成が長岡城主になった元和4(1618)年の開府から400年という「長岡開府400年」を記念して、この商品を発売する。