リプロネクスト、Google マップ・ストリートビューの更新サービスを開始

新規オープンの施設、分譲地、道路などを追加掲載できる

写真はイメージ

企業向けに、VRや360 度パノラマサービスを提供する株式会社リプロネクスト(新潟市中央区、藤田献児代表取締役)はこのほど、Google マップ・ストリートビューの更新を行うサービスを始めた。既存のGoogle ストリートビュー上では掲載されていない新規オープンの施設、分譲地、道路などを追加掲載できる。商業施設、分譲地のPRや、観光の促進(行政)などの利用を見込む。

これまでGoogle の専用車が対応していたが、リプロネクストが所持している8K対応の360 度カメラ「insta 360 pro」と専用機材を組み合わせることにより、Google マップ・ストリートビューの更新に対応する。

撮影した箇所はGoogle ストリートビューに公開されるほか、2 次利用も可能なため、自社ホームページへの埋め込みやQR コードを発行することによる紙媒体(パンフレットなど)への掲載などで広くPRできる。