コカ・コーラシステム、新潟などの地域名所をデザインしたスリムボトルを発売 

「萬代橋と新潟芸妓、柳」など10月1日に発売

左が、「萬代橋と新潟芸妓、柳<新潟デザイン>」

コカ・コーラシステムは、「萬代橋と新潟芸妓、柳<新潟デザイン>」など地域の観光名所をイラストで描いた「コカ・コーラ」スリムボトルを10月1日に発売する。250mlの飲みきりサイズ。

発売されるのは、新潟、湘南、飛騨高山、大阪、博多の地域デザインを描いたもの。また、今年は江戸開城150年という節目であることから「コカ・コーラ」スリムボトル 徳川デザインも同時に発売する。

「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインは2017年6月以降、全国各地にあるシンボルや観光スポットなどをデザインし、それぞれの地域限定で発売している。これまでに計21種類を発売しており、いずれの地域でも旅行中の食事やリフレッシュに、また土産用に人気を集めているという。こうしたことから今回新たに新潟などの地域デザインを追加した。