山崎製パン(株)がル レクチェを使った「ナイススティック」を販売、売り上げの一部をトキの森プロジェクトに寄与


ナイススティック(新潟県産ル レクチェのゼリー&ホイップ)

山崎製パン株式会社は1日、新潟県全域および山形県の一部地域の「デイリーヤマザキ」「ヤマザキショップ」や、スーパーのヤマザキ製品取扱い店で、「ナイススティック(新潟県産ル レクチェのゼリー&ホイップ)」の販売を始めた。

「ナイススティック(新潟県産ル レクチェのゼリー&ホイップ)」は、軽い口あたりのパンに新潟県産ルレクチェのゼリーとホイップクリームをサンドした。山崎製パン新潟工場で製造している。

また、売上のうち1個あたり1円が、新潟県が取り組むカーボン・オフセット制度のプロジェクト「トキの森プロジェクト」に寄与(クレジット購入)され、トキのねぐらとなる森林の整備活動や地球温暖化防止などに役立てられる。

なお、同社にとって、この寄付活動は今回で4回目で、これまでに新潟県の特産品を使用したランチパック、コッペパンを発売している。

カーボン・オフセットは、地球温暖化対策の一つで、企業活動や日常生活などで排出される二酸化炭素などの温室効果ガスを、森林整備などによる二酸化炭素吸収量に見合ったクレジットを購入することにより、埋め合わせる(オフセットする)という考え方。クレジット購入費は森林整備などに役立てられることから、消費者は商品購入を通じて環境貢献に参画できる。

新潟県では県独自のオフセット・クレジットを平成21年5月から他の都道府県に先駆けて運用していて、トキの森整備のほか、6プロジェクトが登録されている。

【登録プロジェクト】
https://www.pref.niigata.lg.jp/site/kankyo/1356822760649.html



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから