株式会社コロナ(新潟県三条市)が従業員による食料品の寄付活動を実施


仕事終わりの従業員が続々と詰めかけた

株式会社コロナ(新潟県三条市)は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、経済的、社会的に困難な状況にあるひとり親家庭をフードバンク活動で支援するプロジェクト「子どもの未来応援プロジェクト」を今年度から支援しており、その一環として18日、同社本社で従業員による食料品の寄付活動を実施した。

「子どもの未来応援プロジェクト」は、新潟県フードバンク連絡協議会が運営している。株式会社コロナのグループでは、新型コロナウイルス感染症拡大の中で、これまでに新潟県フードバンク連絡協議会のこの子どもの未来応援プロジェクトに対し、支援金やルームエアコンの支援を行ったほか、従業員から募集した食料品の提供を3回行っており、これまで延べ約140キロの食料品を寄付している。

18日は、夕方仕事を終えた従業員が、カップラーメンや米、缶詰などの食品を持ち寄り、寄付していた。株式会社コロナ本社には約700人の従業員がいるが、そのうち数十名が持ち寄った。他にも乾麺やお菓子、調味料などが大量に集まった。

新潟県フードバンク連絡協議会の担当者は「ひとり親の家庭は給料も安く、本当に困っている。しかし、なかなか助けを求めるという一歩が踏み出せない人が多い。もっとこのような取り組みを知ってもらいたい」と話した。

株式会社コロナ広報室は「コロナ禍で当社でも何かできないかとスタートし、今回で4回目になる。社会貢献活動の一環だ」と話している。

新潟県フードバンク連絡協議会は新潟県内のNPO職員などのボランティアで構成。コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で、ひとり親過程など経済的に困窮している家庭にフードバンク活動を通じて食糧支援をするとともに、頼り先が少ない家庭が孤立することのリスク低減を図るべく活動している。

また、県の工業や産業振興に寄与する研究や地域活性化・再生、生活弱者支援などの事業に対して助成する公益財団法人内田エネルギー科学振興財団(内田力理事長=株式会社コロナ代表取締役会長)の助成金の助成先に今年初めて選ばれている。

【関連記事】
内田エネルギー科学振興財団が「各種助成金」の交付式。今年度は271件、8,300件の助成(2020年7月2日)
https://www.niikei.jp/38149/

沢山の食料品があつまった



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから