新潟県村上市および胎内市沖が再エネ海域利用法に基づく促進区域として指定、花角英世知事がコメント


経済産業省および国土交通省は30日、新潟県村上市および胎内市沖を、再エネ海域利用法に基づく促進区域として指定した。

以下、新潟県の花角英世知事コメント

本日、村上市及び胎内市沖が、再エネ海域利用法に基づく促進区域として国から指定されました。

本県では、地元自治体や漁業関係者、有識者等で構成する法定協議会において、海域の利用や漁業への影響調査等に関する協議を進め、今年6月に開催された法定協議会において、促進区域として指定することに異存なしとの意見がとりまとめられたところです。

県では、これまで、促進区域への速やかな指定を国に要望してきたところであり、これまでの取り組みが評価されたものと認識しています。

今後、国において事業者の公募・選定等に係る手続きが進められることになりますが、県としても、漁業や地域と共生した洋上風力発電の導入が図られるよう取り組んでまいります。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も