新潟県上越市、妙高市、湯沢町で新型コロナウイルス新規感染者計5人確認

  • 8か月前
  • 社会

新潟県健康対策課の富山順子参事

新潟県は2日15時30分、上越市、妙高市、湯沢町で県内1091例目から1095例目となる新型コロナウイルス感染症患者が計5人確認されたと発表した。

新規感染者5人の内訳は、上越市と妙高市で1人ずつ。湯沢町での感染確認は、1人が同町在住で、2人が県外からの滞在者。現時点で感染経路が不明な人は1人。

1091例目は湯沢町在住で福祉施設職員の50歳代女性。現時点、感染経路は調査中。24日に鼻の奥の痛みや嗄声、26日に味覚・嗅覚障害の症状が現れた。1日には症状が継続していたため医療機関を受診し検体を採取。抗原検査の結果、陽性が判明した。現在も味覚と嗅覚の障害が続いている。詳しい行動歴や濃厚接触者は調査中だが、症状が発生してからは出勤していないという。

1092例目は妙高市在住で会社員の40歳代男性。1日に発表された県内1087例目の知人で濃厚接触者。1日に濃厚接触者として検体を採取しPCR検査の結果、陽性が判明した。現在は鼻閉感と喉の違和感の症状がある。1092例目の男性自身はクラスターが発生した上越市の飲食店と直接の関係は無いが、1087例目を介しての繋がりがあると考えられるという。

1093例目は上越市在住で会社員の30歳代女性。1日に発表された県内1090例目の濃厚接触者。1090例目は27日に発表された県内1081例目の濃厚接触者として検査して陽性が確認されており、3人は同じ会社の同僚となる。1081例目の感染経路は現在も判明していない。現在は発熱と咽頭痛の症状がある。

1094例目1095例目はアルバイトで湯沢町へ滞在する県外在住者の20歳代の男女。1085例目(28日に確認された湯沢町滞在の10歳代男性)の知人だが、現時点では1085例目と同じ施設で従事していたかは聞き取り調査中。

なお変異株の調査に関しては、現在県内の陽性者全てを対象としてスクリーニング検査を実施しているが、燕市の保育園関連以外での確認はされていない。

 

【関連記事 新潟市の発表】
新潟市東区の20歳代女性(飲食店従業員)が新型コロナウイルスに感染(2021年3月2日)

 

【関連記事 県内の感染状況】
新潟県上越市と妙高市で計5人の新型コロナウイルス新規感染患者を確認、上越市の飲食店関連感染者は25人に(2021年3月1日)

新潟県三条市、湯沢町、上越市、長岡市で新たに計4名の新型コロナウイルス感染症患者(2021年2月28日)

新潟県上越市、長岡市、新発田市で新たに計6名の新型コロナウイルス感染症患者(2021年2月27日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も