市島酒造(新潟県新発田市)がソーダ割を楽しめる大吟醸原酒を6月17日に発売

ソーダ割り、ロック、ストレートなど様々な飲み方を楽しめる

王紋 大吟醸 極辛 19

市島酒造株式会社(新潟県新発田市)は6月17日、新潟県産米を100%使用し、50%精米した大吟醸原酒「王紋 大吟醸 極辛 19」の販売を始める。価格は1800mlが3300円(税別)、720mlが1800円(税別)。

濃厚で奥深い味わいの大吟醸酒で、ソーダ割り、ロック、ストレートなど様々な飲み方が楽しめる。オススメのソーダ割りの比率は、大吟醸5に対し炭酸4。グラスに氷を入れ大吟醸を注ぎ、次いで炭酸を注ぐ。最後にマドラーで一混ぜして完成という。なお商品には、ソーダ割リレシピの首掛けを付けている。

またアルコール度数は19度で、ロックやストレートの濃口を好まれる人も満足できる味わいだという。

「幅広い世代に大吟醸を思いきり楽しんでほしい」と同商品を開発した。最近、外国人観光客がスパークリング日本酒を好んでいるともいわれるが、「大吟醸ソーダ割り」も外国人にも受け入れられるかもしれない。