中原八一新潟市長が新潟市出身の豊山関に激励メッセージを送付


新潟市の中原八一市長は27日、大相撲夏場所で西前頭筆頭となった新潟市北区出身の豊山関に激励メッセージを送った。豊山関が幕内入り後、過去最高位に昇進したことを祝った。中原市長は兼任する公益財団法人新潟市スポーツ協会会長の連名となった。

28日昼に本人からお礼の電話があり、「大変な時期を乗り越え、普通の生活に戻れるよう一緒に頑張りましょう」という市民に対するメッセージをもらったという。

市長が豊山関に送ったメッセージは以下の通り。

時津風部屋 豊山関 様

この度、幕内入り後、最高位に昇進されましたことを心よりお祝い申し上げます。
先場所は、幕内での5場所連続となる勝ち越しや大関から白星をあげられるなどご活躍され、今場所はいよいよ三役・目前の西前頭筆頭です。
いま、世界的にも、日本国内においても、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せず、活動の自粛を余儀なくされています。相撲界からも感染者が出るなど、たいへん厳しい状況が続いています。
そのような中で、本市出身の豊山関が過去最高位に昇進いたしましたことは、私自身とても嬉しく、市民・県民にとって、たいへん勇気づけられる話題ではないかと考えています。
豊山関の5月場所での一層のご活躍を心より祈念申し上げ、お祝いのメッセージとさせていただきます。

令和2年4月27日
新潟市長
公益財団法人 新潟市スポーツ協会会長
中原 八一



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから