花角英世知事が横田滋氏の逝去に対するコメントを発表

  • 4か月前
  • 社会

新潟県の花角英世知事は5日、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんの父親である横田滋氏の逝去に対するコメントを発表した。

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさんのお父様横田滋さんの訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

横田滋さんは、妻の早紀江さんや息子の拓也さん、哲也さんとともに、長年にわたり、めぐみさんの救出活動に懸命に取り組んでこられました。また、全国各地の被害者ご家族とともに家族会を結成し、拉致被害者家族会の代表を務めるなど、拉致問題の解決に向け、全力を尽くされてこられました。

めぐみさんとの再会を果たすことなく、お亡くなりになられたことはさぞかし無念であったことと思います。政府におかれましては、改めて拉致被害者の一刻も早い帰国の実現に向け、全力で取り組んでいただくことをお願いするとともに、県としても、知事の会の活動などを通じて、政府の取組を後押ししてまいりたいと考えております。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから